<   2004年 04月 ( 15 )   > この月の画像一覧

連休なのにせわしないで

a0009646_131414.jpgたのまれていたディスクレビューをやっと書き上げ今しがた送って一安心。
このサイトに書き込むのは平気だけど、出版物というのは緊張するね。
責任感もふえて、自由にモノがいいにくくなるもんね。
でも、やってしまえば達成感もある。エルマガの次、次次号あたりに載るかも?

2日には服部緑地の<春一番>にバンドで出してもらうことになってるけど
全然練習してへんし、右手の突き指と筋違いも治ってないので、めちゃ、不安であせっている。
だけど楽しむのが<春一>のモットーなので気楽に考えることにしよう。

なんか、あちこちから電話がかかり、ラッキーオールドサンをTVで聴いたといってくる。
大西ゆかりさんのヴァージョンがTVのエンディングタイトルになっていて評判だそう。
こりゃ、今頃になって久保田麻琴君の再評価にもなりそうな勢いだ。
長生きするもんでんな。
[PR]
by jittoku-terry | 2004-04-30 13:05

ドライブ

a0009646_060.jpg昨夜の<つづら折りの宴>は充実したイヴェントになった。
震災直後に変身を遂げたミュージシャンの最右翼で
僕ら京都勢による西部講堂での一連のイヴェント「ROCK AID」に
毎回、欠かさずノーギャラで出てくれたソウルフラワーユニオン
による慰問団としてのチンドン屋スタイルのモノノケサミット。
彼らははじめて拾得に自ら主催のイヴェントを繰り広げてくれた。
ジゲンのベースだけをバックに民謡やオリジナル曲を唄う岐阜娘みほちゃんのパフォーマンスも新鮮な驚き。
奄美や沖縄の歌をハモリまくるアンちゃんプロジェクトもすばらしかった。
そして助っ人に参加のドーナルラニー氏のブズーキーには目が点になった。
音頭のリズムをジグビートのように3連でカッティング。かっこいーっ!
モノノケはまるでファミリーのような結束!

まあ、そんなわけでペースをこえてフィーバーした自らの体をねぎらうために今日はドライブで小浜まで。
まだまだ、時期遅れの桜咲く山あいで、わらびをかなり、採取できた。
そして最近、市内で見なくなった「小あじの煮干」を小浜でゲット。目的達成したりと帰路に着く。
こんなふうな、無駄な時間もやっぱり大切だと思う。
[PR]
by jittoku-terry | 2004-04-26 23:57

突き指

a0009646_122029.jpgいつの間にか突き指でもしたのか
右手の親指の根元が痛くてオマケに、手首が筋違いを起こして動かせない。
この筋違いのほうは慢性になっていて
よく起こるので慣れっこ、いつのまにかケロリと直るのだが
その痛さはどちらも我慢できないものだ。

それにしても、親指ってけっこう、重要な役目をしてるものだと分かった。
まず、ボタン掛けができない。
鼻をかむのも無理、ペンを持って字が書けない。
ものを引っ張ったり割いたりはこれまた無理。
ギターのベースランニングも不可能と来た。

こりゃあ、まいったわい。
[PR]
by jittoku-terry | 2004-04-25 09:34

ラッキー!

a0009646_131658.jpg昨日のカーネーション・直枝政広氏の弾き語りによるlucky old sunには感動した。
爆音エレキGによる弾き語りというのもあるがまずは、その唄い込みに感動。
ゴスペルとは一味違う解釈で心の奥深くへ達するインパルスを放った声がすごい。
いやあ、うれしいプレゼントでした。
[PR]
by jittoku-terry | 2004-04-24 13:18

アボガドちゃん

a0009646_02612.jpg暖かくなって、いろんな生き物達が活気を持って動き出したし
虫達も孵化しだし花々も色強くさきはじめた。
我が家のアボガドちゃんも花を付け始めたので
これからは定点観測でその成長を観察することにしよう。
去年はだめだったが、一昨年は20個以上もの実をつけた。
日本では珍しいことらしい。
今年は何か一杯実をつけそうな予感がしている。
[PR]
by jittoku-terry | 2004-04-21 00:21

斉藤哲夫を聴いた

ライブがはねた後、久しぶりにはしご酒。
そこで斉藤哲夫のCDを聴かせてもらった。
めくるめく70年代が走馬灯のようにハルシネーションを伴いながら
指先のアテの間を走り回る。
今はどこでどうしているのか、みんなは?
あんたは?
[PR]
by jittoku-terry | 2004-04-17 01:14

寄生虫

人質解放、よかった。
だが、今朝の新聞に載った2つの週刊誌の低俗さに憤懣やるかたない。
両紙とも人質になった人たちや家族のプライバシーをゴシップにして
面白がっている特集の広告で盛り上がっていた。
こんなものを読む人たちが居るというのも残念だが
ムラ社会から脱することのないこの国の井戸端会議にも
ムシズが走る思いだ。
又帰国した後もこれからいろいろ言われるんだろうな。やれやれ。
[PR]
by jittoku-terry | 2004-04-16 01:02

BREAK DOWNのDVD

a0009646_92552.gif昨日、もらったBREAKDOWNのDVDを見た。
ゲストのコメントや映像の組み合わせ編集が巧みで
とても面白い物になっている。
うごく小川俊英(DR)が貴重な映像だ。
やはり彼は天然のブルースドラマーだったと痛感。
若かったころの写真なども随所に挿入されていて
共にした時代のことなどを
思い巡らされた。
しかし全員一体となったクールで火を噴くような演奏は
まさにLOW DOWNでパンキッシュ。
今日、ぜひ居て欲しいバンドだ。
再現不可能なのがほんとに悔しくてしかたないぜ。
[PR]
by jittoku-terry | 2004-04-13 08:36

when the saints go marching in

昨日は磔々30周年記念・ファッツボトルB.B.再結成にまぜてもらっての
terry tha truthのライブ。
リハ・サウンドチェックが終わってシャツを買おうと町へ出てみた。
20歳ごろは毎日のように1日中うろついてた町並みなんだがすっかり様変わりで
日曜だったのもあって人の多さと<けばさ>で息が詰まる。
新京極は言うに及ばず寺町通りも紳士服の店が若者向けの
ちゃっちい服ばかりを売ってる店に取って代わっていて
わずかに昔をにおわす店が数件居心地悪そうにちらほらと残っていた。
もう、すたこらさっさで逃げ出すしかありませんでした。
[PR]
by jittoku-terry | 2004-04-12 09:45

ギターに弦を張れ

今日はバンドのライブだ。
長い間張りっぱなしの古い弦を新しいのに変えてやるがちと、様子が変。
a0009646_94050.jpg
しまった、このところ10から始まるゲージに慣れてたんだったっけ?
新しいのは09のsuper light gageで、張り終えて弾いてみたら
ビラビラでちょっとたよりない。
単音リードの弾きまくりやためためチョ-キングにはいいかもしれんが
リズムカッティングにはかなり向かなさそう。
どうしよか?
買ってきた弦は全部09のセットだった。
えーい、ままよ、これでやろう。
やはり普段から弦もまめに買えて、ギターをかわいがらなきゃいかんという教訓だなこりゃ。
[PR]
by jittoku-terry | 2004-04-11 01:45