<   2004年 05月 ( 14 )   > この月の画像一覧

rastaman vibration

いっぱいでした。
セッティング変換が大変かと思ったけど人並みをかき分け、
なんとかいけました。
150人以上くらい入るからワンドリンクチケット制にしようと言ったけどキッチン側がいつものようにやりたいと言うので渋々普通営業にする。
予想通り大変な来客様でしたが、何とか、若いスタッフの裁量で、12PMころはいつものメロウなアフターアワーズ。
今は、ボブマーリィが遠くで歌ってます。

もし、春一番が来年もあるのなら、ぜひ、マーガレットズロースに出てほしいな。
[PR]
by jittoku-terry | 2004-05-30 23:56

休肝日

蒸し暑い日でしたが、がんばって、抜きました。
衣替えもばっちり終わったし入梅ももう目前に。
これからもう季節は夏ですな。
[PR]
by jittoku-terry | 2004-05-30 01:54

麦秋

a0009646_19044.jpg昨日に続き今日も好天。
ってわけで、今日は車で朝早くから目指すは湖東の八風街道・道の駅ツアー!

実った春の麦畑は黄金色に輝き、すでにところどころ刈り取りが終わって時々畑から大小の煙が昇る。
そして田植えの終わった水田には蛙が。

第3セクターによる道の駅は大体どこも同じようなつくりだが野菜や土地の名産などを作った本人が売っているのでそれをたずねてうろつきまわるのが最近、面白い。

さぼって音楽と全く関係ないことをしてると気持ちいいなぁ。
[PR]
by jittoku-terry | 2004-05-26 18:28

はぐれ雲

さわやかな好天に誘われバイクのチェーンに油をくれてやり、鞍馬から佐々里峠をこえ、かって積雪深い険しい林道をタイヤが雪に埋まって前に進めず、RZ250のもっちゃんと泣きそうになりながら押して走破した「五波・染ヶ谷林道」に進入。
ところが、すでに全線完全に舗装済み。名前も遊車道ビレッジラインと名前が変わっていたのには心底がっかり。
こんなことならもっと手前の八丁林道へ入ればよかったなぁ。八丁林道へはゼファー400でも走破したしな。
それからそのまま小浜の漁港へ走り、釣り人たちを眺めながらしばし昼寝。
さあ帰ろうとすると目の前にでっかい新しい建物が。
ぐるっとその周りを一周したらどうも、お風呂らしい。600円は安いと、3Fのいっぱいある湯船に飛び込む。
a0009646_1457.jpg
若狭湾が一望。露天も海草風呂も。

帰りは警察がやたらと多かったので気をつけながらさば街道を1時間ちょいで京都に戻る。
昼はあんなに暑かったのに7時過ぎるともう寒く感じる気温となった。
ツーリングジャケットをがっちり着込んで出たのはほんとによかった。
[PR]
by jittoku-terry | 2004-05-26 01:06

ひだるか

俺は九州は大牟田の出身、実際は隣の荒尾に3年、筑豊の直方にも2年ほど小中高校生の頃、住んでいた。
小学校から高校にいたる青春の過程のまさにその頃、目のあたりにしてきたのは
大人たちの労働争議による運命の顛末だった。
そして、そのことはその土地出身の誰もがなぜかずっと、胸のうちに封印してきた。

最近、同じ大牟田出身のギター弾きの伸ちゃんから、そのあたりのテーマで映画制作が進行中だと聞いてそのHPを覗いてみた。

ひだるかのサイト

おどろいた。この大牟田出身の監督は京都に住み、年齢も俺とも同じくらい。
是非、応援したいと思った。

そして、さらにモノノケサミットの中川君が歌ってた
労働運動の時の歌「がんばろう、突き上げる空に」の
作者<荒木栄>のことをはじめて知った。
彼は亡くなった父と同じ会社の人だったんだと。
[PR]
by jittoku-terry | 2004-05-23 12:13

Take me to the river

a0009646_15223.jpg
やっぱ、昼から露天風呂はええわ。
歳いくと、血管が細くなり血液の循環が悪くなるんで体全体に調子悪くなって
考え方なんかもあきらめ気味になるが、
風呂上りは、万事オーライの気分になれるから
とてもいいのだ。
まして、昼間だと一日いい気持ちでいけそうな気がしてくる。

                      (写真はアボガドの花)
[PR]
by jittoku-terry | 2004-05-21 19:21

前の「とほほ」事件について

ちょっと前の「とほほ」について考える事が多い。
別の「俺」はやっぱ、やった事は自分の責任にすれば良いのじゃないかと考える。
あれは「祭り」だし楽しむ人間がやりたいようにやればいいんだし、文句ある人はもっと自分なりに楽しめばいいのじゃないかと、テンション低いだけやないかと。じゃないならそんなの知らんわと言いたい。
物わかりの良すぎる自分が全く嫌になるこのごろ、「春一番」は色々考えさせてくれますわ。自分の祭りにしたい人が一杯いたような気がしたもんで。
TV番組を観る時みたいに観賞のに妨げるになるような事言われてもあんな特別の祭りではちょっと行儀よく承服出来んわ。
要はセンスやデリカシーの問題とちがうんか?
。。。。なんて悪魔みたいな声が自分の内部から聞こえて来る。
あー、どうしたらいいんや?


こんなうじうじしたこと書いてもしょうがないから近いうちに削除します。
[PR]
by jittoku-terry | 2004-05-18 22:03

うしろのワタル

a0009646_103159.gifどうやら、おとといの夜、NHKで渡や高石さん達の特番を再放送かなんかやってたらしい。昨日、それを見た話をあちこちで耳にする。
オマケにゲルさんという友人が昨日こんなスナップを送ってくれた。
まほろばでのライブがはねた後の斉藤哲夫氏だが
ちょうど放映中の番組が後ろに写っている!
なんという、グッドタイミング。
[PR]
by jittoku-terry | 2004-05-17 10:33

新聞、TVは役に立つ(こともある)

a0009646_113357.jpgえ″ー、雨?!!
だめやん、読んでなかったわ。

と、しょうもない書き込みでした。
[PR]
by jittoku-terry | 2004-05-15 23:12

気持ちを切り替えよう

a0009646_122446.jpgオフなので気持ちを切り替えようとバイクで敦賀を目指すも
途中で体調悪くなり、引き返す。
スーパー銭湯にたどりつきそこで時間をつぶすことにする。
最近買ったCDをWMAファイルにして1枚のCDRに25枚収めている。
それをランダムにポータブルプレイヤーで聴きながら寝込んでしまった。
なんか耳の中でボードヴィルミュージックやテクノ、マージビート、打ち込みファンクなどが脈絡なしにあばれまわり不思議な感じ。

風呂を出たのは4時間後だった。
又別の疲れ方だった。
[PR]
by jittoku-terry | 2004-05-13 21:44