<   2005年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

Long gone john

ウッドストックのマッドエイカーズであったことのあるジョンヘラルドが19日になくなったと
これまた旧友のプーさんがメールをくれた。
彼のサイトはここ
http://johnherald.com/
キツツキのようなヒョウヒョウとした有り様と人間味あふれる人柄は裏に隠した深い人間性を感じさせたものだった。
合掌。
[PR]
by jittoku-terry | 2005-07-25 01:22

This note for you

20数年ぶりにエリックアンダースンが来日するにからんで
旧友のムロケンから久しぶりの連絡があった。
エリックや自分の近況やデッドのBOXSETを作ったことなどを話してくれ
エリックのコンサートの9月に合うことを約束した。70年代悪友の再会だ。

ところである種の法則がある。
バンドが飲まないとお客さんも飲まない。自分だけ飲んでも旨くないのだろうな。
[PR]
by jittoku-terry | 2005-07-24 00:18

帳簿の整理は苦手です

ふぇ~っ、やっと決算の前処理の計算が終わったぞ。これからだぁ。
a0009646_13524437.jpgお店で使う梅干もようやく天日干しも終了、完成しました、全部で15キロ
a0009646_1353436.jpg

[PR]
by jittoku-terry | 2005-07-23 01:17

rolling 60's

密度の濃い10日間だった。
明日から薄いってわけじゃないけどとにかく年齢の幅が広くて
すごい景色であったのだ。
mmmmmmm、、、、、、
説明不可能。
[PR]
by jittoku-terry | 2005-07-11 01:38

後ろに気をつけろ

キジも鳴かずば撃たれまいて。
というのはちと違うけど「口は災いの元」 特に酒を飲んだら警報を鳴らそう。
月夜の晩ばかりじゃないよね。
忍び寄る足音にも耳を澄まして、、、なんて誇大妄想狂的な夜だ。
[PR]
by jittoku-terry | 2005-07-08 22:36

酒場放浪記・後ろのワタル・再び

昨日は我輩の××歳の誕生日、お店にバンドを見に行ったらHappy Birthdayと祝ってもらって恥ずかしいやらうれしいやら。慣れてないので小さくなってしまった。

今日はその酒が抜けるのを待ちながら最近お気に入りのBS-iチャンネルでやってる番組「吉田類の酒場放浪記」をごろ寝しながら見てた。
番組は吉祥寺の居酒屋「いせや」の訪問だったがそのエンディングで
吉田氏のすぐ後ろの公衆電話で電話中の元気な高田渡が偶然、映っているじゃないですか。それにびっくり、飛び起きてしまった。
な〜んだ生きてるのかと思ったが いやいや、これって少し前に取材した番組に決まってるよね。
アー、驚いた。

後ろのワタルとは?
2004-05-17のBlogをご覧あれ。
[PR]
by jittoku-terry | 2005-07-06 23:09

DO THE HUSTLE

勇造のバースデイライブは年配の方から若い人までいっぱい来てもらって3ステージ、正味のステージは3時間半強の長丁場。
いやあ、たいしたもんですわ、56歳の若さにも恐れ入りました。
前日の大島さんもすっかり余裕を感じるステージング展開。おじいさんから受け継いだ古い傷だらけのサンシンを自分で修復、数ヶ月前から使い出したが、又その音が良くて、本人のグルーブにいい影響を与えているようだ。しかし前日までずっと石垣島にいて1日の拾得のためだけに関西へ帰ってきて又今日の2日には那覇へ行くというとんでもないスケジュール。ドーも、ありがとさんです。
さてさて、明日はいよいよエンケンvs曽我部のBIG-DAYだ。
気圧の変化のせいか、疲れがとれず体調がわるいが、がんばれるかな?

後記:がんばれました。
[PR]
by jittoku-terry | 2005-07-03 02:18

1971

びっくりしたな〜、もう。

ぞくぞく家族ブッキングの話がきたのでメンバーの加部さんとかをウェブで捜してたら驚く事に'71年のMOJO WESTの機関紙を資料として載せてるウェブページを発見。
俺はその第2回目だったか(?)加部さんたちのスピード、グルー&シンキの前座みたいなのを西部講堂でやったことがあるけど それに先立ちプログラム用に、スタッフに何か書けといわれて落書きみたいなのを渡しそれがパンフになったもの。間違い字や若さの馬鹿さが満開で、とても恥ずかしい文だがまた、奇妙に懐かしくもある。こういうメンツでのコンサートだったっけと?????が続くが。
さすがに恥ずかしいのでそのアドレスは書きません。

当日は御所でチャーボーと遊び、コンサートでは停電になり、肉声で歌い、ライブ後は久保田麻琴君や名前のない新聞の人たちとはじめて知り合った濃い一日だったのを憶えている。
[PR]
by jittoku-terry | 2005-07-01 01:20