<   2005年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧

「そらたね囃し」レコーディング

昨日は店が休み、佐賀の実家では叔父きの葬式、俺の昼は回転寿司。
夜は古川豪君に頼まれてチンドンバンドの1曲レコーディングが
7PMから9:30Pmくらいまでかかった。
勢いの良い若い女の子達のコーラスの活気がすごい。
総勢15人くらいのメンバーでひがしの君たちや新聞社の取材も来たりして大騒ぎ。
大変だったけどたった一曲だけだったので無事九時過ぎには終了。
あとは簡単に編集を終えてマザーディスクを完成させ
コピーCDーRを数枚作って手渡すだけだ。
そのあといったん帰宅してまた飲みに出た。帰宅したらそのまま寝た。
その音源は10月23日(日)新大宮商店街の唯明寺でお昼から催される「そらたね祭り」で発表されるらしい。

(注:後記/この日のことが京都新聞に8(土)、記事が載った。ウエブでも見れる。)

a0009646_10223830.gifそれと阪神優勝はおめでたい。
無敵の朝青竜の優勝・再びの件も書き損ねたがあの琴欧洲との優勝決定戦も熱くなったよ。なんせ懸賞金49本(中にはチャンコ『若」もあった)と先場所に続きすごいことに。
[PR]
by jittoku-terry | 2005-09-29 22:57

Wake Me Up When September Ends

a0009646_9313186.jpg海を見たくなり曇り空のなか敦賀へ向かった。
11AMに家を出て比叡平から無料開放になった湖西道路をひた走り敦賀の東海岸へは2時ごろ着いた。あまりに風が強すぎるので断崖沿いに越前海岸へ向かう予定はあえなく中止。引き返す。帰宅は4:30PM。久しぶりにロングライディングのKLXはうれしそう。もうすぐ9万キロのオマエは少しパワーが落ちてはいるが問題なしだ。
よく延びた若いススキ、真っ赤な彼岸花の群れ、もう落ちてる栗の実、刈り取られるのを待っている稲、そして一段と高い湖西道路から走りながら眺める琵琶湖のさざなみ。
季節を実感して、満足、言葉を一日失った。
[PR]
by jittoku-terry | 2005-09-23 09:31

おもろサイト

おもろいからつい、ご紹介。
こんなの作りたいな。
[PR]
by jittoku-terry | 2005-09-21 13:37

An' we gazed upon a perfect full moon rising

a0009646_0583176.jpg今夜は見事な中秋の名月。鴨川の三角州もにぎわってるだろな。
カミュ・異邦人の見上げた太陽と同じく今夜いろんな場所で
いろんな人が見上げるこの月もまた人を何かに妖しく誘いかけるのかもしれないが
俺は凛としたその姿には奥ゆかしい恵みの慈愛を感じている。
(けっして吼えたりはしない。)
そういえば数日前に訪れた永源寺のアトリエでは今夜たしかこの月を見ながら
三上寛のライブをやってはずだな。(きっと吼えてるよね。)

で、どうしても
月が~出た出た、月が、あ、出た、あ、ヨイヨイ。
と歌ってしまう俺はやっぱり
<九州 Blood in my drain>
である。
[PR]
by jittoku-terry | 2005-09-18 21:16

門口さんにつかまって

夕方からずっとゲイトマウスブラウンのヴィデオ(DVD)を見てた。
(ちなみにこれはリージョン1ですがリージョン2の日本の機械でもなぜか普通に見れます。)
1984のニューオリーンズのバーでのライブでメンバーにホーンも多く元気いっぱい。どうやって彼がギターを弾いてるのかやっと分かったぞ。何度か日本でライブを見たけど全然分からなかったのだ。
どの曲もカポタストをつけてローコードのEを中指と薬指だけで押さえ、人差し指はめったにコードに使わない。まっすぐ伸ばした右手人差し指とカポのオープンの音と左小指で主にメロディを弾いてるからほとんどフレットの上で指が動いてないようにみえる。音はそれはかっこいいの一言。よくスイングするしリズムはナスティかつタイト。ワイルドで切れが鋭いし、ユーモアもたっぷり。そのつまり洗練されてるって云うんかなー?
つづいて最近のLightning in a BottleのDVDの方を見たが、ここでのゲイトマウスはちょっと疲れてみえる。やはり病気(肺がん:たばこ、やっぱ、よくないよ)が体にこたえていたんだろうか。

ライトニン、T-bone、SRV、Albert Collins 、Johnny Guitar Watson、
そしてMr.Clarence Gatemouth Brown!!
大好きなテキサスギターがいっぱいこの世からいなくなって寂しいよ。
[PR]
by jittoku-terry | 2005-09-15 01:06

永源寺へ

a0009646_2163399.jpg休みをもらって八日市の八風街道をさかのぼって永源寺まで三上寛と野田浩二さんの絵と染物のコラボレーション展を見に行った。こっそり覗きにいったつもりがばれてしまい野田さんたちに接待まで受けて恐縮してしまう。a0009646_217358.jpg

道中途中ところどころ刈り取られる前の稲穂畑がなぎ倒されており台風の影響がかなりでたことを知る。帰りには彦根のでっかいショッピングモールを覗いたり道の駅めぐりなどしたが歩きつかれた。
帰宅してはスーパーカブのバッテリーを新品に替えてやり試し乗りするとすごくエンジンが快調になってて驚いた。メンテは大切だね。
俺も酒を抜いて遠い景色を見て昼寝なんかして気力、体力のメンテを忘れないようにしなくちゃ。
[PR]
by jittoku-terry | 2005-09-13 01:49

Young man blues & Another 6 blue strings gone.

ソラミミのどっしりとしたドラミングにはうなってしまった。昨今聴いた事が無いような安心させるロックドラムだ。若い人の演奏にも打たれるものが多い。

与党圧勝の選挙のニュースに隠れてゲイトマウスブラウン没の寂しい知らせ。
数日前からハリケーン被害のためテキサスに非難してた肺がん病みの彼の現状を伝えるサイトを見ては心配してたもんだったけど。あのパイプ煙草が悪かったか?凡てを失ったためか?
そのBBSを読むとさらに少し前に友人のフィドルプレーヤーのヴァッサークレメンツも逝ったそうな。心から二人の冥福を祈ります。
だけど天国でのセッションはまたまた、楽しくにぎやかになりそうだな。俺も行こうかな?
[PR]
by jittoku-terry | 2005-09-11 17:37

泡盛三昧

何日かまえにアマゾンから予約注文してたSTONESの新作A Bigger Bang (CD)とNGDB、ルシンダウィリアムスのDVDが届く。リージョンフリーのDVDプレーヤーを7千円でゲットしたおかげで何でも見れるようになった。ワンダー君から借りたDown from the mountainはリージョン1だが見れたし内容はご機嫌。見る時間がとれないのが残念だが。

a0009646_22247.jpg一昨日の柳田久美子さん(岩手出身21歳若くてかわいい!)のバックは半年ほど前に出てくれた関義彦さんの時のキーボーディストとヒックスビルのギタリストだった。フレッシャーのリズムボックス付きエレキを見せたらすごく喜んでくれた。ヘアスタイルが不気味になってたけど。

a0009646_223118.jpg昨夜は八重山の海人(漁師)島唄唄いの安里勇さん、なかなか良かった。
最近は俺より年上の人もよく出る。60の還暦祝いのワンマンショーを石垣の市民センターホールでやるそうだ。
その声はまさに民謡唄いのそれで、師匠とする山里勇吉氏の香りが強い。
はやり歌やカチャーシから古い伝承曲、さらに悲しい物語の唄等、組み合わせも変化に富み飽きないながらも10時までに3時間に及ぶ長丁場。
2年ほど前に癌のため胃の全部を切り取ったらしいが、さすが素もぐり漁で鍛えた肺、伸びやかによく回る節まわしは感動モノ。お客さんには最後まで皆、静かに聴いたり、踊ったりして一人残らず満足してもらったし俺ももらった泡盛でごきげんになり危うい足取りでなんとか無事帰宅した。
またもや心に沁みた夜だった。
[PR]
by jittoku-terry | 2005-09-10 13:06

Last thing on my mind

a0009646_232377.jpg昨夜は30年ぶりの旧友との再会ですっかりうるうるの飲み会に発展した。
もう60歳を過ぎたかれとのハグでの別れは切ないものだった。
でも老いてますますお盛んな様子に心から笑いがこみ上げる。いい夜だった。

昨日の夕刊を見てたらモントリオールの映画祭の2部門で
友人のクロードガニオンの新作「カマタキ」が受賞したそうだ。
彼は「リバイバルブルース」の他、「Keiko」「セントヒヤシンス物語」「ケニー」などでも
いい仕事をしてるけど今度の作品は信楽の陶芸家をモデルにしたもので撮影には拾得で撮ったホトケや藤竜也のシーンも使われてるだろう。見てみたいな。
[PR]
by jittoku-terry | 2005-09-08 08:06

Blue River

ほぼ30年前に拾得のライブの歴史を作ったともいえるエリックアンダースンが明日、台風と一緒に京都へやってくる。あの日、最後に皆で一緒にうたったオール’55が懐かしい。
その世代とはもう二度と合い和する事もないのかもしれないという事はずっと思ってきた事だった。
ビートジェネレーションからフーテナニィや公民権運動を経てヒッピームーブメントへ、そしてその反動の自然主義へと時代に合わせて共に生きてきた仲間(と信じた人々)も、もう、ずいぶん遠くへ行ってしまった。どこにいようとかまわないけどね。
俺は同じ京都にいて同じ店で台風とエリックを迎えよう。
おたがいのブルーリバーを歌いながら。
[PR]
by jittoku-terry | 2005-09-07 01:22