<   2006年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

最初に行く

イク、ニゲル、サルのイク一月が今日でイク。
諸行無常の老人老い易く、楽・成りがたしって気圧のせいかしら?
[PR]
by jittoku-terry | 2006-01-31 10:08

もうすぐ七回忌

a0009646_1128511.jpgどんとの命日が近づいて来た。
いつもこの頃は自然と心も体も固まってしまう。
ブログも怠りがち。
しかも今回は七回忌。
しばらくはおとなしくなんでも慎もうとするだろうな。
[PR]
by jittoku-terry | 2006-01-26 11:30

Bradley Kincaid - Houn' Dog

ギターの絵の部分をよく見たいとのリクエストに応えて。
Shooting Dog modelじゃなくてHoun' dogでした。
a0009646_22341555.jpg

[PR]
by jittoku-terry | 2006-01-17 22:36

冬の雨

久しぶりの雨に光る夜の百万遍交差点の信号でバイクを止めては景色についうっとり。
夜中は暑くて寝られないのでかたっぱしから本を読む。
アブラクサスの祭・デジタル音楽の行方・ディランの自伝など。
朝方になってやっと眠った。
この雨で各地の積もった雪は溶け出すのか?昼は15度にもなるらしい。
[PR]
by jittoku-terry | 2006-01-14 12:56

おっさんは荒野を目指す

今週の「アコースティック飛入りLive Day」はオジサンプレーヤーが多くて驚いた。
勇造と一緒にやってた元、五つの赤い風船の長野君もベースを弾いてたし、皆、見かけとは裏腹のはじけた歌声で楽しませてくれて常連の人たちもいい感じ。
総じて一概に言っちゃいけないかもしれないがオレにはなんとなく、高い年齢の人の歌はメッセージ色が強くて明るく理想主義的に思え、若い人の歌は情緒的で個人の側へ内向している傾向が感じられる。
それらは曲調やコード選びなどにも現われててだんだんと込入った手法が現代的な作品には多いがブルーグラスやロックンロール、ブルースなどは依然としてストレートで単純な音。
どちらも捨てがたい魅力だが。
[PR]
by jittoku-terry | 2006-01-12 10:07

連休

a0009646_13585847.jpgu~mu、もう正月気分じゃいけないかも?
ギターをとって弦を張れ、オレ。

左は1930年代ごろのアメリカシアーズ製で、グランドオープリーなどにも出たことのあるマウンテンバラッドを歌うフォーク歌手ブラッドレイキンケイドのShooting Dog Model、カウボーイギターというジャンルで有名らしい。
木がからからに乾いているので自宅でのみの癒し用に使用
[PR]
by jittoku-terry | 2006-01-09 00:11

七草粥

今日から営業開始。外は大雪。七草粥を食って長靴はいていざ出陣。
[PR]
by jittoku-terry | 2006-01-07 12:27

賀正

a0009646_1223968.jpgもう3日も寝正月。
又寝ようか?
[PR]
by jittoku-terry | 2006-01-03 14:31